ペットがいるご家庭のハウスクリーニングは、ペット独特の臭いの消臭や落ちた毛の掃除といったニーズがあります。同時に、大切なペットでも安心してお願いできるクリーニング方法に興味がある人は少なくありません。

 

この記事では、ペットがいるご家庭のハウスクリーニングについて紹介します。

ハウスクリーニングでペットの臭いを消臭する方法

ペットの臭いを除去するのはプロのハウスクリーニング業者でも難しいです。普段のお掃除ではなかなかとることができません。その理由は、ペットの体臭がフェロモンだからです。

ペットの臭いが消えにくい理由

犬がいるご家庭のハウスクリーニング

犬はアポクリン腺から独特の臭いを発しています。個体識別をする役割があるためです。また、肛門腺が犬の体臭となっているので普通のお掃除では臭いを除去できません。

猫がいるご家庭のハウスクリーニング

また、猫を飼っている場合はおしっこの臭いが特に気になります。猫はおしっこをすることで自分の縄張りにマーキングをするからです。カーペットに猫がおしっこをしてしまったため臭いがとれないご家庭もあります。

 

ペットの臭いを少しでも軽減するなら、お部屋の換気や消臭剤の設置、1週間に一度のシャンプーをしてあげましょう。完全に臭いを除去できるわけではありませんが、ペットの臭いが少し軽減されるはずです。

除菌ハウスクリーニングはペットも安心

安全な除菌でハウスクリーニング

プロのハウスクリーニングでは、犬や猫、鳥などペットの種類や汚染場所、臭いの発生源を見つけ、汚染物質を洗浄します。さらに、消臭薬剤やミスト噴射などで、徹底的に臭いを取り除いてくれます。

 

洗浄・除菌により、根本的に臭いや菌を除去してくれるので、衛生面に関しても安心できる環境を作れます。お部屋の清潔な状態を作るので臭いが発生しにくくもなるメリットもあります。

ペットのハウスクリーニングの基本はオゾン消臭・除菌

オゾンによる脱臭・除菌はペットがいるご家庭でのハウスクリーニングの基本です。オゾンとは化学式で言うとO3(ちなみに酸素がO2)で、3つ目の酸素分子が不安定なので離れようとします。

 

オゾンは悪臭の原因物質と融合します。このときに起きる化学反応(酸化)は塩素の6倍の酸化力があり、強力な消臭・殺菌効果をもたらすのです。

 

たとえば、オゾンは食品添加物や水道水の殺菌に使用されることも増えました。オゾンは自然界にも存在するので多量でない限りは人体やペットに害を及ぼす心配もありません。安心してハウスクリーニングが依頼できます。

 

オゾンの酸化力を活かしたハウスクリーニングは、部屋の家具やソファのわずかなスキマにも入り込みます。ペットの健康を維持しながら消臭したいとお考えの方はぜひオゾン脱臭・除菌のクリーニングができる業者を選びましょう。

ハウスクリーニングの掃除はペットにも安心

ハウスクリーニング業者の掃除は強力な洗剤を使うからペットの健康に悪影響を与えると考える人もいます。でも、弱酸性の洗剤やエコ洗剤を使っているから普段のお掃除よりも安心かもしれません。

弱酸性の洗剤だからペットの健康も安心

ハウスクリーニングに使用する洗剤は安心

ペットの臭いの原因は雑菌によるものが多いです。通常はアルコールによって殺菌消毒しますがそれだけでは除菌できないことがあります。この場合、ハウスクリーニング業者によっては菌を有機分解して水に変えるクリーニングをすることも珍しくありません。

 

弱酸性の薬剤で菌を水に変えるだけなのでクリーニング後も安心です。ペット特有の臭いも消臭できます。ペットを飼っているご家庭でハウスクリーニングを依頼するなら除菌消臭クリーニングが得意な業者にお願いしましょう。

ペットにも優しい安心のエコ洗剤

強力な業務用洗剤を使ったハウスクリーニングは汚れを落とすのが早いです。でも、ペットを飼っている人からすると健康に悪影響を与えないか不安かもしれません。

 

従来の業務用洗剤は石油系の強酸・強アルカリ性洗剤を使っています。ハウスクリーニング作業者の70%が化学物質過敏症(洗剤アレルギー)になるため、当然ペットの健康にも影響を与える恐れがあります。

 

近年、日本ハウスクリーニング協会を中心に100%天然成分のエコ洗剤を使ってハウスクリーニングをする動きが広まりました。エコ洗剤はヤシやトウモロコシ、大豆、サトウキビなどの植物原料で作られています。

 

エコ洗剤を使ったハウスクリーニングは強力な業務用洗剤を使うよりも作業時間が長くなりがちです。でも、人間にもペットにも安心で安全なハウスクリーニングができます。プロの技術できれいにするので仕上がりもご安心ください。

参考サイト:日本ハウスクリーニング協会|日本ハウスクリーニング協会が『エコ』洗剤を使用する理由

ペットの毛を取り除いてアレルギー予防

ハウスクリーニングでペットアレルギー対策

ペットの毛は掃除機をかけてもなかなか取れないものです。そのせいで、アレルギーや喘息になるなどのデメリットも生じますので、ペットの毛を取り除くことが必要です。

ペットアレルギーになる原因

ハウスクリーニングでペットのアレルギー対策も安心

ペットアレルギーになる原因は、ペットの抜け毛からダニが繁殖したりペットの唾液やおしっこなどを吸い続けているからです。

 

ペットのおしっこはアレルゲンに変化して空気中に漂います。アレルゲンを吸い続けていることで体内に抗体ができ、アレルギー反応を起こしやすくなります。その結果、くしゃみや鼻水、皮膚の乾燥やブツブツといった悩みに陥るのです。

 

特に、犬よりも猫を飼っているご家庭ほどアレルギーになる可能性は高くなります。猫はカーペットやカーテンといった布製品のほか、クロスや家具にも身体をこすりながら歩くため、あちこちに抜け毛が落ちているからです。

ハウスクリーニングでペットアレルギーを軽減

カーペットのクリーニング

ペットを飼っているご家庭でアレルギーを発症する理由は、普段の掃除ではペットの抜け毛を十分にきれいにできないからです。

ペットの毛やダニをハウスクリーニングで掃除

ハウスクリーニングでは専用の掃除機で、カーペットや畳、布団などに入り込んだペットの毛やダニ、ダニのフンや死骸などをしっかり取り除きます。

 

さらに、ハウスクリーニング業者はどこをどのように掃除するとアレルギーを防げるかも理解しています。ペットアレルギーに悩まされている人に的確な掃除が提案できるのです。

ペットのケアでアレルギーを予防

ハウスアレルギーに悩まされている方はペットの身体を洗ってあげてください。特に、抜け毛が多い時期はペットの身体を週2回以上洗ってあげましょう。

 

定期的にペットの身体を洗って日頃の掃除を行い、たとえば3ヶ月に1回のペースでハウスクリーニングをすると、ペットアレルギーになりにくいお部屋になります。ダニや害虫駆除のハウスクリーニングは別のページでも紹介します。

ペット可物件のハウスクリーニングその他原状回復の費用

ペット可の賃貸物件退去時のハウスクリーニング

ペット可の賃貸物件なのに、退去時にハウスクリーニングの原状回復費用を請求されたという人もいます。でも、ペット可物件はペットの臭いがついてもよいというわけではありません。

ペット可の賃貸物件の原状回復トラブル

賃貸物件の退去時は原状回復を求められます。たとえば、借主は室内に漂うペットの臭いのほか、フローリングについたひっかき傷やペットの尿によるシミなど、もとの状態に戻さなければなりません。

 

賃貸物件を退去するときはハウスクリーニングのトラブルが起きやすいタイミングです。別ページで詳しく紹介しますが、大家さんや不動産会社ともめごとになることは少なくありません。

 

特にトラブルになりやすいのはハウスクリーニングの費用が高額なケースです。敷金が払戻されないだけでなく、ハウスクリーニングの代金を請求されることもあります。

 

生活臭に加えてペットの臭いを消臭するのはハウスクリーニングでも大変です。料金相場の項目でも紹介しましたが普通のハウスクリーニングより高額になるのは仕方ありません。

 

もしペット可の賃貸物件に契約するときに退去時の請求が高額になることは理解しておきましょう。事前に契約内容を熟読して大家さんや不動産管理会社さんに確認することをおすすめします。

参考サイト:国土交通省住宅局|原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

無断でペットを飼っていた場合のハウスクリーニング費用

賃貸物件の貸主に内緒でペットを飼っていた場合、ハウスクリーニングや修繕費用は全額借主の負担になる可能性が高いです。契約違反でペットを飼っていたのだから当然と言えます。

 

ペット不可の賃貸物件は悪意のあるものではありません。賃貸物件に住む他の部屋の人を保護することが目的です。たとえばペットが吠えることによる騒音やペットの臭いなどは生活の質に影響します。だから、ペット不可を条件に暮らすことで住人を守っているのです。

 

ペットが吠えないようにする借主もいるようです。でも、ペットからするとストレスを感じているかもしれません。もし誰の不満もないようにしたいならペット可の物件を探すことをおすすめします。

 

ペット可の賃貸物件の退去時はしばしば裁判沙汰に発展します。一般社団法人不動産適正取引推進機構の調査結果もあるため興味のある人はぜひご覧ください。

参考サイト:一般社団法人不動産適正取引推進機構|賃貸住宅の原状回復紛争に係る少額訴訟の研究調査(2)

ペットと住んでいた物件を退去するときの請求額を減らす方法

ペットと住んでいたハウスクリーニングを退去するときに費用を抑える方法は、自分でハウスクリーニング業者を探すことをおすすめします。不動産管理会社や大家さんが紹介するハウスクリーニング業者の料金は高額なことがあるからです。

 

臭いや汚れは時間が経つほど落ちにくくなります。日ごろから自分で掃除したりハウスクリーニング業者に頼んだりしてお部屋を清潔にしましょう。退去時に請求されるハウスクリーニングの費用が抑えられます。

 

ただし、不動産管理会社や大家さんがペットと暮らしていた部屋に対し消臭目的でハウスクリーニングを利用した場合、その代金の請求は妥当であるという判例も増えました。明らかに法外なハウスクリーニング費用を除くと退去時の支払いはやむを得ないかもしれません。

ペット消毒のハウスクリーニングの料金相場

ペットがいるご家庭でのハウスクリーニングは消毒・消臭プランがおすすめです。消毒・消臭プランを依頼するときの料金相場を紹介します。

お部屋の広さ ハウスクリーニングの料金
8畳程度(30平方メートル未満) 30,000円
8~15畳程度(30~60平方メートル程度) 60,000円
16~30畳程度(60~120平方メートル程度) 150,000円
30~124畳程度(120~500平方メートル程度) 200,000円

ペットの臭いを消臭するハウスクリーニングは生活臭(油汚れやタバコの臭い)だけのご家庭に比べると大変です。徹底的に除菌や消毒を行いながらお部屋の臭いを取る必要があります。

ただし、一度ペットのいるご家庭のハウスクリーニングをすると1年間ほど効果が持続します。抗菌・防カビコーティングで部屋の状態を快適に保つハウスクリーニング業者もいるので相談してみましょう。

関連ページ:大阪でハウスクリーニングをする時の相場・料金について徹底解説!

大阪でペットも安心なハウスクリーニング業者を選ぶコツ

自分で探したハウスクリーニング業者ならコストパフォーマンスが高い業者に出会える可能性もあります。当サイトは、料金が安くてサービスがわかりやすい大阪のハウスクリーニング業者ランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

 

普段からお部屋の清潔さを保つ意味でもハウスクリーニングは定期的に行うことは大切です。退去時の原状回復費用にも影響するので、ペットと一緒に暮らすからこそ衛生的なお部屋を心がけましょう。