お部屋に併せてハウスクリーニングでやることは変わります。この記事では、エアコン・キッチン・トイレ・お風呂といったお部屋のハウスクリーニングのメリットや手法をご紹介します。

エアコンのハウスクリーニングはできる?

エアコンのフィルター掃除くらいは家庭でもできますが、内部にはカビやホコリがはびこっているものです。ハウスクリーニングはしてもらえるのでしょうか?

エアコンのハウスクリーニングは可能

ハウスクリーニングではエアコン掃除も依頼できます。一般的な壁掛けタイプのほか、天井埋め込みタイプのエアコンも依頼可能です。

 

中には「掃除機能付きエアコン」は依頼できない場合もあります。特殊な清掃が必要なので、できる業者とできない業者があるので確認が必要です。

 

おそうじ本舗の技術認定スタッフは掃除機能付きエアコンのクリーニングもできます。エアコンの中まで分解してピカピカの状態まできれいにできるハウスクリーニング業者です。

エアコンのハウスクリーニングのポイント

クリーニングをしてくれる範囲は、基本的には、エアコンの本体、アルミフィン、ファン、フィルター、外装パネル、ドレンパンをクリーニングします。

 

内部を分解し、一つひとつのパーツをていねいに洗浄します。エアコンのクリーニング作業をする際には、エアコンの周りや壁、床などに汚水や汚れが飛び散ったり、また作業中に傷をつけたりしないために、しっかりビニールシートで養生をしますので安心です。

 

##エアコンのハウスクリーニングのメリット

高圧洗浄機でしっかり洗浄してくれるので、内部の汚れをキレイにしますので、衛生面においても安心です。ハウスダスト対策にもなります。仕上げに防カビ剤をコーティングしてくれるので、カビ予防にもなります。

ハウスクリーニングの床ワックスやフローリング清掃はできる?

年月が経てば、床の輝きは失われ、食べ物のカスや足の裏の汚れなどが付着し、不衛生にもなる床ですが、ハウスクリーニングでキレイにしてもらうことはできるのでしょうか?

ハウスクリーニングで床もピカピカ

床のクリーニングもハウスクリーニングに依頼できます。汚れを落とし、ワックスをかけてピカピカにしてくれます。化学タイルやクッションフロアなどさまざまなタイプの床にも対応してくれます。

床のハウスクリーニングのポイント

床の素材に合わせた洗剤と技術で、床を傷めずにクリーニングをします。洗浄をした後は、ワックスをかけて素材本来のツヤを出します。フローリングの床はワックスがけをしている家庭も多く、そのワックスに汚れが入り込んでいます。

 

そのうえにワックスがけをすると、はがれやすく、キレイな状態になりません。ハウスクリーニングでは床の状態を確認し、その上で適切なクリーニングをします。

 

また、業者によってはワックスの種類を選ぶことができます。環境に優しいエコワックスや、抗菌重視の抗菌ワックス、傷をつきにくくする高耐久ワックスなどがあります。

床のハウスクリーニングのメリット

フローリングの床は傷つきやすく、湿度に弱いものです。観葉植物などを置いた部分などは、湿気でカビが発生してしまうことも。キッチン周りなどは油汚れで掃除をしてもキレイになりにくく、こすると床材を傷めてしまいます。

 

ハウスクリーニングであれば、床の素材や状態に合った洗剤や方法で掃除をしてくれるので、床を傷めることなくキレイにし、ワックスがけでキレイに仕上げてくれます。床が美しくなるほか、部屋も明るくなるでしょう。

ハウスクリーニングで壁紙(クロス)はきれいにできる?

タバコのヤニやカビでクロスが変色してしまうことがあります。クロスの掃除は家庭では簡単ではありません。ハウスクリーニングできれいにしてもらうことはできるのでしょうか?

ハウスクリーニングでクロスを洗浄してもらう

ハウスクリーニングではクロスの洗浄をしてもらうことができます。

 

・タバコのヤニ

・経年による変色

・エアコンの取り付け跡

・電化製品による黒ずみ

・子どもの落書き

・ペットの尿汚れ

・手アカ汚れ

 

などといった汚れをキレイにしてくれます。業者によって洗浄してくれる方法と、染色をしてキレイにしてくれる方法があります。

洗浄をしてクロスをキレイにする方法

クロスを再生するオリジナル工法などで、分子レベルで汚れを洗浄します。独自の方法や洗剤、技術によって臭いも取り除き、新品同様にキレイになります。洗剤も安全性の高いものを使用しています。

染色をしてキレイにする方法

壁紙の表面に染料を塗ってキレイにする方法です。壁紙染料ができる素材は、ビニールクロス、ジプトーンです。漆喰、塗り壁、紙クロス、防水・防汚加工された壁紙、ソーラトン、土壁などは対応できない場合があるので確認が必要です。

 

また、業者によっては壁の一面だけを染色するサービスや、一部を補修するサービスを提供していることもあります。おそうじ本舗は独自の染色サービスを提供します。

ハウスクリーニングのクロス洗浄のメリット

貼り替えよりも低価格でできるのが、クロス洗浄のメリットです。貼り替えの際に出る臭いや有害物質などもありません。貼り替えには長いと丸一日かかりますが、洗浄は2~3時間で終了します。廃材も出ないので、環境にもいいです。

ハウスクリーニングでクロス張替えは依頼できる?

クロスの洗浄は低価格で時間もかからないなどのメリットは多いですが、汚れをキレイにするだけでなくクロスのデザインも替えたい、いっそのことすべてキレイに貼り替えたい、という場合もあるでしょう。

 

ハウスクリーニングでもクロス貼替えを行っている業者はあります。ただし、すべてのハウスクリーニング業者が行っているわけではないので、確認が必要です。

クロス貼替えのメリット

ハウスクリーニングではクロス洗浄も行っています。クロス洗浄は、クロス貼替えよりも低価格で時間もかからないなどのメリットがありますが、洗浄には限界があります。クロスが破れてしまっていたり、経年劣化で洗浄をしてもきれいにならなかったりすることも。その場合にはクロス貼替えの方が必要です。

 

そうはいっても、クロス貼替えとなると、費用もかかります。本当に貼り替えなければきれいにならないのかは、自分では判断できないことも。そのような場合は、ハウスクリーニングに相談してみるのもおすすめです。

 

希望や料金に応じて、クロス洗浄でもキレイになれるか、クロス貼替えの方がいいのか、判断してくれるでしょう。意見を参考にして、最適な方法でクロスをキレイにすることができます。

水回りのハウスクリーニングはできる?

キッチンやお風呂、トイレなどの水回りは掃除をさぼっていると、汚れがひどくなり、掃除をしても落ちにくくなります。カビなども発生しやすく、健康にも被害が出ます。ハウスクリーニングでは、落ちにくい頑固な汚れもスッキリキレイにしてくれます。

キッチンのハウスクリーニング

ハウスクリーニングでは、コンロ、グリス、シンク、照明、蛇口、吊戸棚の表面、壁などのクリーニングをしてくれます。煮物などの吹きこぼしによる焦げつきや、シンクや蛇口の水あかなどもピカピカに。照明も掃除をしてくれるので、キッチンが明るくなります。

 

換気扇は油汚れやホコリなどで汚れが蓄積され、そのままにしておくと部屋中にニオイが広がります。ハウスクリーニングに依頼すれば、分解してすみずみまでキレイにしてくれます。

 

また、ガス台やシンク、キッチンカウンターの棚や吊戸棚など、それぞれ別料金になることが多いですが、それもハウスクリーニングに依頼することが可能です。また汚れ具合によっては追加料金になる場合もあるので、見積りの際にしっかりチェックすることが必要です。

 

キッチンのハウスクリーニングについて詳しくは別ページでご紹介します。

お風呂(浴室・浴槽)のハウスクリーニング

浴室や浴槽には、石鹸カスや皮脂汚れ、水あか、カビなどさまざまな汚れが付着しています。ハウスクリーニングではそれぞれの汚れに適した洗剤や技術で、浴槽や浴室の床や壁を傷つけないように洗浄します。うろこ状になった鏡の水あか。カビが発生した天井なども、ピカピカに磨き上げます。

 

浴室の鏡に付着したうろこ状の水あかなども、専用の洗剤でスッキリピカピカに。自分で磨こうとすると鏡を傷つけてしまうこともあります。ハウスクリーニングにお願いすれば、鏡を傷つけることなく、汚れや水あかを取り除いてくれます。

 

長年使用していると浴槽にも水あかや入浴剤の着色料などが付着してしまうものです。ハウスクリーニングではそういった汚れもスッキリ取り除いてくれるので、気持ちがいいです。

 

浴室のハウスクリーニングについて詳しくは別ページで紹介します。

トイレのハウスクリーニング

便器や便座、ウォシュレットのノズル、水洗タンク表面、床、照明器具、ドアなどのほか、水洗タンクの内部などのクリーニングも依頼することができます。落としにくい尿石や便座の内側など手の届かない部分もしっかりクリーニングをしてくれるので、臭いの解消にもなります。

 

トイレの臭いの原因は便器や壁、床などに付着した尿石やタンクの中のカビなどが原因です。通常の掃除だけでは取り除けない汚れなので、それが蓄積され、臭いを発生させます。便器などはこすると傷がついてしまい、そこに汚れが溜まってしまうこともあります。

 

ハウスクリーニングでは便器を傷つけることなく、頑固な尿石なども取り除いてくれるので、臭いも解消されます。

 

トイレのハウスクリーニングについて詳しくは別のページで紹介します。

換気扇のハウスクリーニングはできる?

油汚れやホコリなどが溜まりやすい換気扇は、掃除をしないままにしておくと、換気の効果も低下し、部屋にニオイや煙が溜まりやすくなります。しかし分解して掃除をするのは面倒なものです。ハウスクリーニングでは換気扇のクリーニングも依頼できます。

換気扇のハウスクリーニングのメリット

換気扇は高い位置に設置してあるので、家庭で掃除をするのは危険です。ハウスクリーニングでは経験豊富なスタッフが、換気扇を分解しファンやフィルターなどを徹底器にキレイにします。頑固な汚れもつけおき洗いや業務用の洗剤を使い、スッキリと洗い上げます。

 

シロッコファンの細かい部分はブラシで洗い、フードカバーに付着した油やホコリもキレイに取り除きます。分解して組み立てたら動かなくなるなどの心配もありません。業者によってはスチーム洗浄などを基本料金で行うところもあり、除菌効果も期待できます。

換気扇の掃除をしないとどうなる?

換気扇の掃除をしないと、換気扇に油やホコリなどの汚れが付着し、換気効率が悪くなり、油の蒸気などがキッチンの壁などに付着しやすくなり、ベタベタになります。壁などに付着した油を含んだ汚れは落としにくく、掃除が大変です。そうなる前に、ハウスクリーニングでキレイにしておくのがおすすめです。

ベランダのハウスクリーニングはできる?

ベランダは風で飛んできたゴミやホコリ、泥などで汚れやすいものです。砂埃が立ってしまうベランダでは、お布団などを干すこともできません。ハウスクリーニングではベランダもキレイにしてくれます。

ベランダのハウスクリーニングのポイント

ハウスクリーニングでは、ベランダの床や手すり、壁、排水溝などのクリーニングを行います。それぞれの素材に合わせた洗剤を塗布し、ブラシやパット、ポリッシャーなどを使ってクリーニングをします。排水溝のゴミや汚れも取り除き、水の流れをよくします。

ベランダのハウスクリーニングのメリット

土埃なども多いベランダは、水を使って掃除をしても、その時はキレイになったように見えて乾くとまだ汚れているということも少なくありません。ハウスクリーニングであれば、すっきりキレイになり、洗濯物なども気持ちよく干せるし、子どもを安心して遊ばせることもできるでしょう。

 

排水溝には落ち葉などが詰まっていることもあり、そのままにしておくと水が流れにくくなったり、害虫が繁殖したりしてしまいます。鳩などの鳥のフンがあったりすると、菌などが人間の体内に入ってしまうこともあるのです。キレイに洗浄してもらえば、衛生的です。

一軒家のハウスクリーニングはできる?

ハウスクリーニングは一軒家での依頼もできます。クリーニング範囲は基本的には、キッチン、トイレ、浴室などのほか、ベランダ、サッシ、それぞれの部屋、玄関、洗面所、サッシ、網戸、雨戸、さらにはワックス、殺菌・消毒、などもしてくれます。

 

キッチンのみ、トイレのみなど個別で依頼することも可能ですが、セットで依頼した方がお得になります。セット内容が複数あり、そこから選ぶことも可能。部屋の間取りによって料金は変わります。

一軒家のハウスクリーニングのメリット

大掃除や引っ越しなどで家の掃除をしなければならないとき、部屋数も多い一軒家は一人で掃除をするのは体力も必要で、時間もかかります。家族で住んでいることの多い一軒家は、トイレや浴室などの汚れもひどくなりがち。

 

ハウスクリーニングなら、プロのスタッフが頑固な汚れや臭いもキレイに取り除いてくれます。目に入らない場所などは、汚れが溜まっているものです。また、手の届かない高い場所や、狭い場所などは、掃除が行き届かないものです。

 

しかし、そのままにしておくと、カビが生え、健康にもよくありません。細かいところまで、しっかりとクリーニングをしてくれるのがハウスクリーニングです。

ワンルームのハウスクリーニングは依頼できる?

ハウスクリーニングはワンルームでも依頼可能です。部屋の広さ、置いてある荷物によっても料金が変わります。

ワンルームのハウスクリーニングの利用法

ワンルームの広さにもよりますが、部屋などの掃除は自分でできることも多いでしょう。しかしトイレや浴室、キッチンなどはこまめに掃除をしていないと、汚れが蓄積されてしまいます。溜まった汚れはカビになり、掃除をしても落としにくくなります。

 

ワンルームだとキッチンなどもよく見えることも多いので、キレイにしておきたい場所です。ハウスクリーニングを依頼するなら、キッチンやトイレ、浴室など特にキレイにしておきたい場所を選んで依頼するのも一つの方法です。

ワンルームのハウスクリーニングを依頼する際の注意点

ワンルームには女性が一人で住んでいるケースも多いものです。女性の一人暮らしだと、どのようなスタッフが来るのかは不安なものでしょう。その場合は、女性スタッフを派遣してくれる業者を選ぶといいでしょう。

 

ワンルームの場合、料理をすれば油を含んだ水蒸気やニオイが部屋中にまわり、汚れも付着しやすくなります。業者によっては、あまりにも汚れがひどいと追加料金を払わなければならなくなることもあります。

 

作業時間も長くなったり、作業時間内に終わらせようと、手薄になったりすることもあります。普段からできるだけこまめに掃除をしておいた方がいいでしょう。

賃貸物件のハウスクリーニングはできる?

賃貸物件でもハウスクリーニングは依頼できます。ただし、賃貸物件の場合は、ハウスクリーニングを依頼する際に注意したい点があります。

賃貸物件のハウスクリーニングの注意点

賃貸物件の中には、ハウスクリーニングを依頼する業者が決まっていることがあります。特に退去する際にハウスクリーニングを自分で依頼した場合は、指定業者以外でクリーニングをしてもらっても、貸主の意向に合わないなどといった理由で、ハウスクリーニング代が無料にならないことがあります。

 

賃貸物件のハウスクリーニングを依頼する際には、貸主に確認をしてからにしましょう。

賃貸物件のハウスクリーニングのメリット

賃貸物件から引っ越しをする際、カビなどであまりにも汚れていると、敷金からその分が徴収されてしまうことがあります。自分でハウスクリーニングを依頼してキレイにしてもらった方が安くなる場合もあるでしょう。

 

また、汚れている部屋を見せなくない場合も、ハウスクリーニングでキレイにすれば嫌な思いをせずにすむでしょう。賃貸物件の場合、基本的にはハウスクリーニングが入っているのでトイレも浴室もキレイですが、時には不十分な場合もあります。

 

神経質な人であれば、自分でハウスクリーニングを依頼して洗浄してもらえば、安心でしょう。

マンションのハウスクリーニングはできる?

マンションのハウスクリーニングもできます。マンションを売却するときなども、ハウスクリーニングをしておくことで、印象が大分異なります。

マンションのハウスクリーニングで外せない部分

マンションの場合、一軒家のように外壁やガレージ、門扉、階段などはないので、特に水回りをキレイにすることに集中することができます。トイレの黄ばみやニオイ、浴室のカビや水あか、キッチンの床やガスコンロ、換気扇の油汚れなどをキレイにしておくことをおすすめします。

 

水回りは汚れが付きやすく、溜まりやすい場所です。こびりついた油汚れや水あか、トイレの尿石やタンクのカビなどはニオイの原因にもなります。このような部分をハウスクリーニングでスッキリさせたいものです。

マンションのベランダのクリーニング

また、マンションのベランダも土埃や枯葉などで汚れていることも多いものです。そのような汚れやゴミは、排水溝の詰まりの原因にもなるので、取り除いておきたい部分です。ハウスクリーニングではそういった汚れも徹底的にキレイにしてくれます。

 

マンションを売却する際、ハウスクリーニングは必ずしもやっておかなければいけないということはありません。しかし、内覧などではキレイな方がいい印象を持たれます。査定にも響くでしょう。その結果、早く売主が決まることもあるものです。