【相場】大阪府のハウスクリーニング料金目安・安くする方法!費用一覧表とトラブル回避策

ハウスクリーニングを依頼するときに料金の安さは多くの人が気にするポイントです。

大阪のハウスクリーニングの相場、格安料金の業者の注意点などを紹介します。大手ハウスクリーニング業者の中でどこが一番料金が安いかは以下のページよりランキング形式で紹介します。

大阪のハウスクリーニングの料金相場一覧表

ハウスクリーニングは部屋・メニュー別にある程度の相場が決まっています。業者へ依頼するときに目安となる料金相場を紹介します。

ハウスクリーニングの項目 料金相場
自動掃除機能なしエアコン 11,000~13,000円
自動掃除機能ありエアコン 15,000~25,000円
キッチン 15,000~20,000円
トイレ(便器+壁・床・天井) 13,000~22,000円
浴室(浴槽+壁・床・天井) 12,000~18,000円
臭い取り(8~15畳) 60,000円
害虫駆除(2LDK) 20,000~40,000円

ハウスクリーニングを依頼するときは上記の料金を相場とお考えください。

上記の金額よりも安い場合は知名度が低かったりサービスの質が低かったりする可能性があります。一方、相場と比べて料金が高すぎる場合は悪質な業者かもしれません。

部屋・メニュー別のハウスクリーニングの料金相場

お部屋やメニュー別のハウスクリーニングの料金の相場を紹介します。エアコンクリーニング、水回り、ペット消毒、害虫駆除の相場を見てみましょう。

エアコンクリーニングの料金相場

エアコンクリーニングをする業者の画像

ハウスクリーニングの中でも特に人気があるのがエアコンクリーニングです。エアコンクリーニングの料金は自動掃除機能の有無か、家庭用か業務用かで異なります。目安となる料金は以下の通りです。

エアコンの種類 料金
自動掃除機能なし 11,000~13,000円
自動掃除機能あり 15,000~25,000円
天井埋め込み型(業務用) 20,000~30,000円

自動掃除機能がついているエアコンは機械を分解して内部を洗浄し、全工程が終わったら組み立て直す必要があります。精密機械のため組み立て直してから再度動かない可能性もあり、分解・組み立て技術が欠かせません。だから、普通のエアコンよりクリーニング料金が高いのです。

エアコンクリーニングの料金や掃除するメリットなど、『大阪のエアコンクリーニングの料金相場と業者の技術!お掃除機能付きエアコンも徹底洗浄』のページにて詳しく紹介します。エアコンクリーニングをご検討中の方はぜひご覧ください。

水回りのハウスクリーニングの料金相場

キッチン・トイレ・浴室と、水回りは汚れが溜まりやすい場所です。それぞれの部屋のハウスクリーニング料金相場を見てみましょう。

キッチン・換気扇のハウスクリーニング料金相場

キッチンのハウスクリーニングのイメージ

キッチンクリーニングはシンクの水垢や壁にこびりついた油汚れを落とすハウスクリーニングです。目安となる料金を見てみましょう。

キッチンの場所 料金相場
キッチン全体 15,000~20,000円
魚焼きグリル 2,000~3,000円
換気扇 10,000~20,000円

なお、換気扇はレンジフードとプロペラタイプによって料金が変わります。プロペラタイプのほうが費用は安いですが内部清掃まで対応していないハウスクリーニング業者もいるため要注意です。キッチン・換気扇のハウスクリーニングについて詳しくは別ページで紹介します。ぜひご覧ください。

トイレのハウスクリーニング料金相場

フタが空いているトイレの画像

トイレは常に衛生的に保ちたい場所です。丁寧に磨いているつもりでも便器の黄ばみや尿石汚れなどはなかなか落ちません。プロのハウスクリーニング業者に依頼したときの料金相場を見てみましょう。

トイレの場所 料金
便器 8,000~15,000円
トイレの床・壁・天井 5,000~7,000円
トイレのタンク 3,000~5,000円
ウォシュレット 3,000~5,000円

もしトイレの室内を丸ごと掃除してもらう場合は20,000円くらいの料金がかかるとお考えください。特に、便器だけでなくトイレのタンクやウォシュレットのようなパーツまで掃除してもらう場合はオプション料金が発生する可能性が高いです。トラブルになる原因なので事前に見積もりを依頼しておきましょう。

浴室のハウスクリーニング料金相場

綺麗な浴室の画像

お風呂は身体を洗う場所だからいつでも清潔にしておきたいお部屋です。細かなところまで掃除する場合はオプション料金がかかります。

浴室の場所 料金
浴槽・壁・床・天井 12,000~18,000円
浴室エプロン 3,000~5,000円
浴室暖房乾燥機 8,000~10,000円
換気扇 3,000~8,000円
鏡の曇り止め 1,000~3,000円
防カビコート 3,000~5,000円

浴室エプロンや浴室暖房乾燥機はオプション料金のハウスクリーニング業者が多いです。詳しくは『大阪の浴室クリーニングの料金相場と業者の技術!浴室暖房乾燥機も徹底洗浄』のページをご覧ください。

洗面所のハウスクリーニング料金相場

綺麗な洗面台の画像

洗面所のクリーニングの料金相場は7,000~10,000円です。1時間半程度の所要時間で洗面ボウルや蛇口、収納物庫の表面、鏡などをきれいにします。参考までにダスキン・カジタク・おそうじ本舗の料金比較表を見てみましょう。

  ダスキン カジタク おそうじ本舗
洗面所 8,600 6,000 7,000

なお、汚れ防止コートや鏡の曇り止めはオプション料金が発生することが多いです。1,000~3,000円程度が相場となっています。水垢汚れやパイプへの髪の詰まりなどが気になる人はぜひ試してみましょう。

ペット消毒や消臭ハウスクリーニング料金相場

ペットがいるご家庭の場合、掃除の範囲が広くなって専門的になるので料金相場も普通のハウスクリーニングより高くなります。

お部屋の広さ ハウスクリーニングの料金
8畳程度(30平方メートル未満) 30,000円
8~15畳程度(30~60平方メートル程度) 60,000円
16~30畳程度(60~120平方メートル程度) 150,000円
30~124畳程度(120~500平方メートル程度) 200,000円

ただし、多くのハウスクリーニング業者はハウスクリーニング後もご家族やペットが安心して過ごせるようなやり方で掃除します。

たとえば環境に優しいエコ洗剤を使ったハウスクリーニングも安心・安全な掃除方法のひとつです。

ペットと一緒に暮らしている人は人体や動物の健康にも優しいハウスクリーニング業者を選びましょう。

詳しくは『ハウスクリーニングの消臭技術でペットの臭いも解消!悪臭の原因と対策を徹底解説【大阪】』のページをご覧ください。

害虫駆除の料金相場

害虫駆除ができるハウスクリーニング業者や害虫駆除専門業者の料金設定を見てみましょう。

ゴキブリ駆除の料金相場

ゴキブリ駆除にかかる料金相場は部屋の広さによって異なります。参考までに料金表をご覧ください。

部屋の広さ ゴキブリ駆除の料金
1R,1K,1DK 10,000~20,000円
1LDK,2K,2DK 15,000~30,000円
2LDK,3K,3DK 20,000~40,000円
3LDK,4K 30,000~50,000円
4DK,4LDK 40,000~60,000円

ベイト剤の設置と養生、簡易清掃によるゴキブリ駆除の場合は上記のような料金です。ただし、ゴキブリ駆除は1回で完了することがほとんどありません。ゴキブリが潜んでいるであろうルートを予測してトラップを設置、しばらく時間が経ってから効果検証をするプロセスがあります。

詳しくはハウスクリーニング業者や害虫駆除業者による害虫駆除のページで取り上げました。プロに依頼して確実にゴキブリを退治したいとお考えの方はぜひご覧ください。

キクイムシ駆除の料金相場

家具や建材に穴を開けるキクイムシ(ラワン虫)を例にすると、大阪府内の業者による害虫駆除は1平方メートルあたり2,000~3,000円程度が相場でした。東京の相場を見ると3,000~4,500円なので大阪は3割程度料金が安い地域です。

害虫駆除業者へ1回キクイムシの駆除を依頼すると30,000円前後の費用がかかります。キクイムシは家屋に大きな被害を与える害虫なので早めの駆除がおすすめです。詳しくはキクイムシ駆除の相場のページにまとめましたのでご一読ください。

空室・居住の状況別ハウスクリーニングの料金相場

ハウスクリーニングの料金は空室か居住中か、戸建てかアパート・マンションかでも変わります。これらの状況の料金相場を紹介します。

空室アパート・マンションのハウスクリーニング料金相場

引越し前や入居前などに空室のハウスクリーニングを希望される人は少なくありません。空室のハウスクリーニングはハウスクリーニング業者がやりやすいため、居住中の物件に比べて料金が安いです。空室アパートやマンションの料金相場を見てみましょう。

空室物件の部屋の間取り 料金
1R,1K 15,000~30,000円
1DK,1LDK,2K 30,000~40,000円
2DK,2LDK,3K 30,000~60,000円
3DK,3LDK,4K 45,000~80,000円
4DK,4LDK 70,000~100,000円

空室物件のハウスクリーニングが安い理由は以下の通りです。

  • 作業時間が自由でハウスクリーニング業者の都合で進めやすい
  • 家具への養生の手間が省ける
  • 家に物が置いてないので作業しやすく物品の破損トラブルも起きにくい

なお、大阪本社にあるハウスクリーニングのオンは定額制の空室ハウスクリーニングプランを用意しています。詳細は『ハウスクリーニングのオンの口コミ・評判の真相!大阪のハウスクリーニングで人気の理由と料金』のページをご参照ください。

居住中のアパート・マンションのハウスクリーニング料金相場

居住中のアパートやマンションのハウスクリーニングは空室と比べると作業量が多いです。その分、空室よりも30%前後の料金上乗せがあります。

空室物件の部屋の間取り 料金
1R,1K 20,000~40,000円
1DK,1LDK,2K 40,000~60,000円
2DK,2LDK,3K 50,000~70,000円
3DK,3LDK,4K 70,000~100,000円
4DK,4LDK 100,000~120,000円

養生シートを使った家具の養生や物品の移動に時間を取られるため、ハウスクリーニング業者の見積もりが高くなることは仕方ありません。空室クリーニングと比べると料金は割高ですが、どこの業者も居住中のアパート・マンションのハウスクリーニング料金は高いと考えておきましょう。

一戸建て住宅のハウスクリーニング料金相場

一軒家のハウスクリーニングは1階と2階があったりトイレや浴室が2か所あったりと、アパート・マンションのハウスクリーニングと比べて大変です。参考までに料金を見てみましょう。

空室物件の部屋の間取り 料金
3DK,3LDK,4K 90,000~120,000円
4DK,4LDK 120,000~150,000円

さらに、一軒家の場合は廊下や階段の掃除もあります。作業する箇所がアパート・マンションに比べて多いので、だいたい30%程度料金が高いと考えておきましょう。

なお、おそうじ本舗では希望する内容・場所を3時間の範囲内で手伝ってもらえます。一軒家のハウスクリーニングで一定時間掃除をしてもらいたい方は利用してみましょう。

ハウスクリーニングの料金を安くする方法

ハウスクリーニングをできる限り格安で依頼したい人は少なくありません。実は、ハウスクリーニングの料金を安くするにはコツがあります。ハウスクリーニングの料金を安くするポイントを見てみましょう。

料金を安くするならパックプランで一式を依頼する

自宅のハウスクリーニングを一式まるごと依頼したほうが料金は安いです。

 

通常、ハウスクリーニングを依頼すると見積もりで事前訪問をする手間がかかります。職人さんを当日作業させるときも別の物件への移動時間なども考慮すると一か所でハウスクリーニングを続けていたほうが効率的です。だから、ひとつのお部屋を掃除するよりも一式依頼したほうがお得になるように、ハウスクリーニング業者ではパックプランを用意しています。

業者・プラン名 料金
おそうじ本舗:在宅丸ごとパック 54,000円(2LDK)
カジタク:大掃除サービス4か所セット 44,300円
ダスキン:水回りBプラン 91,000円

割引率は業者によって変わりますが、バラバラに依頼したときに比べて2,000~5,000円程度安いです。もしさまざまなお部屋のハウスクリーニングをお考えなら一式丸ごと依頼することをおすすめします。

料金を安くするなら株主優待・福利厚生サービスを活用する

ハウスクリーニング業者は上場している企業や福利厚生サービスと提携している企業があります。

株主優待券や福利厚生サービスを活用すると通常価格よりも割引された状態でハウスクリーニングが依頼できます。

たとえば、おそうじ本舗は福利厚生サービスのリログループを通じて割引が適用される内容でした。福利厚生サービスは会員に加入しているとホテルや飲食店などの割引が適用されるサービスです。

カジタクは株式を保有していると5,000円の株主優待券が送られてきます。カジタクへハウスクリーニングその他サービスを依頼するときに割引が効く制度です。

ダスキンも同様に株主優待券が送られてきます。ダスキンの場合、ハウスクリーニングサービスだけでなくグループ会社のミスタードーナツやかつアンドかつなどでも使用できるので、株主優待券の活躍する範囲が広いです。

いずれの会社も通常料金より大幅に安くなります。投資で副収入を得たり節約できたりするのでハウスクリーニング以外のサービスもおトクに使いたいとお考えの方にはおすすめです。

料金を安くするなら繁忙期より閑散期に依頼する

ハウスクリーニングの料金を安くするなら繁忙期より閑散期に依頼するのがおすすめです。業者からするとスケジュールが空けやすくて仕事を積極的に受注する時期と言えます。

2月・5月・10月は料金が安くなる可能性大

ハウスクリーニングの料金が安くなる時期は2月・5月・10月です。

 

2月と5月は、どちらもハウスクリーニングの依頼のピークが過ぎた時期なので料金が安くなります。大掃除や引越し前後のハウスクリーニングがひと段落するからです。10月はエアコンクリーニングの依頼が落ち着いた時期なので料金が安くなります。

 

これらの時期は料金割引のキャンペーンを開催するハウスクリーニング業者が少なくありません。また、料金割引の交渉に応じてくれる可能性も高いので依頼主優位な時期です。

年末と3月・4月・7月の繁忙期は料金が割高

ハウスクリーニングの料金が安くならない時期は年末(12月いっぱい)と3月・4月です。

 

まず、年末は大掃除をする時期です。1年に1回くらいは家じゅうをきれいにしたいけれど、普段は共働きで掃除をサボっていたから水回りの頑固な汚れが落ちないなどの理由でハウスクリーニングを依頼する方が増えます。予約も早く埋まりやすくてスケジュールが取れないことも少なくありません。

 

3月から4月にかけては引っ越しシーズンなので予約が取りづらいです。引越し前のハウスクリーニングや新居への入居前のハウスクリーニングが増えます。

 

エアコンクリーニングの場合は夏になると仕事量が増えます。特に、6月中旬から8月末頃まではエアコンクリーニングをしたいと考える人が多いです。久々にエアコンを起動したら悪臭がして、慌ててハウスクリーニング業者へ相談したということも少なくありません。

 

繁忙期になるとハウスクリーニング業者は一気に仕事が増えます。だから、繁忙期中の料金が安くなることはほとんどないのです。

料金を安くするなら荷物を搬出後に依頼する

前述したとおり、入居中の物件よりも空室クリーニングのほうがハウスクリーニングの料金は安くなります。住居内の物品を動かしたり汚れないように養生したりする手間がかかるからです。もし、引越し前後にハウスクリーニングを依頼するなら、すべての荷物を空にした状態で見積もりを取りましょう。

 

荷物をすべて搬出した物件の場合、仮に居住中の物件でも空室クリーニングと同じ料金で見積もりしてくれることがあります。見積もり時点で荷物があるなら、ハウスクリーニングの作業当日までには荷物をすべて搬出している旨を伝えて交渉してください。

料金を安くするなら事前に自分で掃除してから依頼する

ハウスクリーニングを依頼する前に自分で掃除できる箇所は掃除しておくと、ハウスクリーニング業者に作業範囲をあらかじめ決めた状態で見積もりしてもらえます。

 

掃除する前はひどい汚れだと感じていた場所も意外と掃除してみるとすぐに汚れが落ちたということが少なくありません。すぐにきれいになるならわざわざハウスクリーニング業者にお金を払って掃除を依頼する必要がないという人もいるはずです。反対に、頑固な汚れが落ちない場所の掃除だけをプロに任せるのもよいでしょう。

 

少し手間はかかりますが確実にハウスクリーニング料金は安くなります。また、依頼してから作業範囲に関するトラブルも起きにくいのでおすすめです。

料金の安さだけなら家事代行サービスがおすすめ

ただ料金を安くしたいと考えているだけならハウスクリーニング業者より家事代行サービスを利用するのがおすすめです。

 

家事代行サービスは普段のお掃除を代わりにやってくれるサービスなので専門的な掃除はできません。たとえば、キッチンの頑固な油汚れが落とせず不満に感じる人もいます。ただし、ハウスクリーニング業者と違って市販の洗剤で掃除するため汚れを落とすことができないのです。

 

家事代行サービスならベアーズのようなサービスが大阪では広く普及しています。ハウスクリーニングほど部屋がきれいにならなくてもよく、普段のハウスキーピングをしたいとお考えならご検討ください。

⇒⇒家事代行のベアーズの初回お試しプランを試してみる

料金が安すぎるハウスクリーニング業者のトラブル事例

ハウスクリーニングの料金は安いほうがよいですが、相場より極端に激安・格安を謳う業者には注意が必要です。激安業者に依頼したときに考えられるトラブルをご紹介します。

物品の破損と損害保険未加入の激安ハウスクリーニング業者

格安料金を謳うハウスクリーニング業者は損害保険に加入していないリスクがあります。もし掃除中に物品を壊されたときに損害賠償をしてもらえないかもしれません。ハウスクリーニング業界の損害保険についてお伝えします。

ハウスクリーニング業者の損害保険の内容

ハウスクリーニングの損害保険の特徴を説明します。

ハウスクリーニングをするときにお客様のご家庭の物品を壊してしまう可能性があります。そのため、多くのハウスクリーニング業者は損害保険に加入しています。損害保険に加入している業者はそうでない業者と比較すると料金が高くなりやすいです。

もし相場よりも格安料金のハウスクリーニング業者がいる場合、必ず損害保険に加入しているかを確認してください。損害保険に加入しているハウスクリーニング業者なら、万が一のときの保証を考えて安心して依頼できます。

公益社団法人全国ハウスクリーニング協会による損害保険

公益社団法人全国ハウスクリーニング協会は協会会員向けの業界専用保険です。小規模なハウスクリーニング業者を例にすると、年間保険料80,240円で1億円を支払限度額として損害保険に加入できます。

保険金が支払われるケースは、ハウスクリーニングに必要なしかるべき作業をしているときに起きた不慮の事故です。きちんと仕事をしていても、掃除中に物品を壊したり水漏れなどを起こしたりする可能性はあります。健全経営を行うハウスクリーニング業者は万が一のために団体賠償責任保険に加入するのは自然です。

ハウスクリーニング業者にとって、80,000円程度の年間保険料は保障を考えたら高いものではありません。損害保険に加入していないからハウスクリーニング料金が安いという業者はリスクが高いと言えます。

関連ページ:公益社団法人全国ハウスクリーニング協会|ハウスクリーニング保険

後から追加料金を請求される

多くのハウスクリーニング業者では作業範囲が決まっています。丁寧な業者なら、事前見積もりの際に作業範囲やオプション料金がかかる内容を詳しく説明しているのでトラブルは起きにくいです。

ただし、きちんと見積もりしていない業者だと作業後に追加料金を請求されるトラブルもあります。極端な事例ですが、ご依頼主様から特に意見を聞かず、勝手に作業して後から追加料金を請求したという事例もありました。普段ハウスクリーニングを依頼することのない人ほどこのようなトラブルに巻き込まれやすいです。

料金が安くて無名なハウスクリーニング業者に依頼すると追加料金に関するトラブルが起きやすいと考えられます。信頼できる大手ハウスクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

料金は安いが雑な仕上がりに不満

一般的に、ハウスクリーニング業者は以下のような計算式でハウスクリーニング料金を見積もりしています。

作業時間×作業者一人あたりの時給×人数=ハウスクリーニングの料金

ハウスクリーニングの仕上がりの質は作業時間と比例します。たとえば、作業時間に対してハウスクリーニングの料金が高い業者だとお金がかかる割に雑な仕上がりに感じるかもしれません。割高な大手ハウスクリーニング業者の評判が落ちやすいのは作業者一人あたりの時給計算が高いからです。

おそうじ本舗は大手ハウスクリーニング業者ですが作業者一人あたりの時給を比較的リーズナブルに設定しています。作業時間が長いのに料金も安いので利用者からの評判もよいです。

料金は安いがスタッフの対応が悪い

料金の安いハウスクリーニング業者の中にはスタッフの対応が悪い業者も存在します。

たとえば、土足で自宅にあがったり周囲のご家庭に挨拶せずに作業を始めてトラブルになったり、養生が不十分で物品が汚れてしまったりということがしばしば起きるのが現実です。料金は安くても近隣住民とのトラブルになったり不快な思いをしたりするなら、ハウスクリーニングを依頼しないほうがよかったと感じるかもしれません。

実は、ハウスクリーニング業者を利用した人の多くがスタッフ対応の丁寧さを気にしています。オリコン顧客満足度調査ランキングでもハウスクリーニング業者の質を決める重要項目に「スタッフ対応」を取り上げていました。

おそうじ本舗は2018年オリコン顧客満足度ランキング1位を獲得したハウスクリーニングサービスです。信頼できるハウスクリーニング業者なのでぜひご利用ください。

ハウスクリーニング依頼後のキャンセル料

ハウスクリーニングを予約してからやっぱりキャンセルしたい場合、当日に申請してもキャンセル料がかかるのは当然です。では、いつまでにハウスクリーニングのキャンセルを連絡したらキャンセル料が発生しないのでしょうか。

ハウスクリーニングのキャンセル期限

ハウスクリーニングの依頼後にキャンセル料がかからないキャンセル期限の目安は1週間前までが一般的です。おそうじ本舗は、1週間以上前にキャンセルする場合は無料で対応すると回答していました。

作業日より1週間以内にキャンセルする場合のキャンセル料は業者によって変わります。たとえば、作業日2日前までだとハウスクリーニング料金の25%、前日だと50%、作業日当日だと100%をキャンセル料とするという業者もいました。一方、当日でもキャンセル料無料とする業者もいます。

もしハウスクリーニングの依頼をキャンセルするなら早めに伝えるようにしましょう。

キャンセル料に関する説明不十分で起きたトラブル

独立行政法人国民生活センターによると、ハウスクリーニング業者によるキャンセル時のトラブルが頻発しているのが現状です。キャンセルに関する説明不十分さや不明瞭さから複数の相談が寄せられていました。

ハウスクリーニング業者の都合でキャンセルしたにも関わらずハウスクリーニングの料金が発生したり、見積もりが高額で契約しなかったのにキャンセル料が発生したりと、消費者を騙すようなトラブルも少なからず発生しています。

事前に評判を調べたり複数の業者に相見積もりをしたりして、信頼できるハウスクリーニング業者に依頼しましょう。

参考サイト:独立行政法人国民生活センター|破損、色落ち、雑な仕上がり!?―掃除サービスでのトラブルに遭わないために!―